219.124.107.232 (1)

鼻ニキビ・跡を治す方法②繰り返し痛い思いをするのはナゼ?><


角質 鼻ニキビ・跡を治す方法②繰り返し痛い思いをするのはナゼ?><

どうも!ハダッコです(`・ω・´)

 

前回の記事では鼻の赤みがもしかしたらニキビではなく、
「蓄膿症」という重大な病気である可能性をお伝えしました
今回は、繰り返しできやすいそして痛い鼻ニキビについて解説していきたいと思いますb

鼻ニキビが繰り返される理由とは?

人によって

「毎回顔のこの場所にニキビができる゚(゚´Д`゚)゚」

というパターンがあることも多いですが、
鼻ニキビも毎回悩まされる方が多いです。

 

 鼻ニキビ・跡を治す方法②繰り返し痛い思いをするのはナゼ?><
そもそも鼻というのは
おでこや眉毛など顔の中でも皮脂の出る量が多い Tゾーンと呼ばれる箇所であり、
その中でも特に毛穴の数が大きく、また毛穴自体も広いことが特徴です。

 

つまり、皮脂は出るものの毛穴が広くニキビにはなりにくい場所なのですが、あくまで肌が健康である場合の話です(;´Д`)

 

多くの人は日々の洗顔にムラがあり、
毛穴の汚れを取りきれず詰まりやすい状態になっていますから

皮脂が出やすい
=ニキビになりやすい

となるわけです。

◆関連記事:ニキビの最大の原因は皮脂ではない?

 

o030003336703b30d5fb0a27737117a9dd5633fada 鼻ニキビ・跡を治す方法②繰り返し痛い思いをするのはナゼ?><
↑↑の画像は洗顔で不純物を落とし忘れがちな部位です。
普段の洗顔では頬やおでこなど平面になっているところを主に意識してしまい、
突起している鼻や指が直接当たりにくい鼻の脇はどうしても適当に洗ってしまいがちです。

 

これでは鼻の毛穴の中の不純物(汗や皮脂、空気の汚れなど)をきちんと落とせません。。。

 

また仮に鼻ニキビになったとして、
ニキビができている箇所というのはすでに毛穴が傷ついて言ってることが多く、
一度できるとニキビを繰り返しやすいのです。

 

そこに鼻特有の毛穴の広さが拍車をかけ、
やはり鼻はニキビの再発を繰り返しやすいことになるのです

 

対策としてはやはり鼻の多くの毛穴もきちんと汚れを落とすような
毛穴の開きを意識した洗顔方法が取っつきやすいです。

 

もちろんニキビでできる理由というのは「毛穴の詰まり」なので
根本的な肌質の改善をする必要もあります。

特に繰り返して赤ニキビができる、
またはニキビ跡が鼻に残るという方は
菊池佐和子さんのレビューをご覧下さい^^

 

まずは洗顔方法見直し、
蒸しタオルを有効活用して鼻の毛穴の汚れが残らないようにしてみてください( ´∀`)bグッ!

※ゴシゴシ洗いは肌にダメージを与えるので厳禁ですよ!><

⇒マスクはニキビを助長するって本当?

◆ニキビ・ニキビ跡に劇的に効く救世主ランキング!

『リプロスキン』

i_rank_g1_10

ハダッコが今まで莫大な時間とお金を投げ出して探し出した、 憎くてたまらないニキビ&ニキビ跡から救ってくれた化粧水。

当サイトからご購入いただいた方【限定】で、 動画マニュアル・追加レポートなど 3つの特典をプレゼントしております^^♪

詳しくは↓↓の実践記の最終回・ハダッコのレビューをご覧下さい。

219.124.107.2321

219.124.107.232a

 

『フェアリームーン』

i_rank_g1_9

お尻のお尻によるお尻のための美容+マッサージジェル。

2ヶ月間に渡ってレビューしたみちるさんの黒ずみやニキビ跡も みるみる内に綺麗になっていきました。

219.124.107.173 (8)

199.17.137.87

 

『レーザー治療(PDT)』

i_rank_g1_8 cae544ee 10年など長い年月をかけてえぐれ続けた 最重症のニキビ跡への最終手段。

値は張るが、効果は現代美容医療史上最強を誇る。

219.124.107.2323

219.124.107.232c

 

『ジュエルレイン』

i_rank_g1_7

背中ニキビ・背中にきび跡専用の保湿美容液。

ハダッコの背中ニキビはリプロスキンで治しましたが、 こちらも背中やデコルテラインのにきび治療に根強い人気があります。

219.124.107.2325

juerurein-banner

 

『オンリーミネラル』

i_rank_g1_6

ニキビが出来ているのに、 仕事のためにファンデーションという毒を塗りたくることで 更に悪化するという お肌のデフレスパイラルを断ち切ってくれる働く乙女の救世主。

219.124.107.2322

219.124.107.232b

 

コメントを残す